バーチャルオフィスをお考えの方へのメッセージ

会社を設立するときに必ず必要になるのがオフィスです。仕事をできる場所なので、これがないと経営はできません。一般的に会社を作る時は事務所を借りるのが普通となっているのです。しかし事務所のレンタルはかなりの初期費用が必要になるため、ある程度予算を持っている方でないと不可能といえます。レンタルオフィスを選択する方法もありますが、こちらも月額5万円から10万円以上の金額を必要とするのです。今すんでいる場所を事務所として活用したいのであればバーチャルオフィスが便利となっています。これは事務所のレンタルやレンタルオフィスとは一線を画する内容です。住所のみをレンタルするものなので通常のレンタルサービスよりも安価なのが魅力と言えるでしょう。今から会社設立を考えているならバーチャルオフィスの魅力を紹介します。

安価で一等地の住所を使えるサービス

事務所が必要ないバーチャルオフィスは初期コストの大幅削減が見込めます。実際に利用するのは住所と電話番号だけなので、他のものは一切使わないです。似たようなサービスにレンタルオフィスがありますが、大きな違いは月額費用の安さです。バーチャルオフィスの月額費用は数千円から4万円くらいの金額設定になっています。しかも原宿や六本木といった重要をレンタルできるため、会社の信用性も高くなるのです。郵送物があった場合も郵送先を一等地に設定できるメリットを持ちます。肝心のオフィスは自宅を利用できるため、自宅の住所を知られたくないときにもよいでしょう。一般的に法人登記できないところが多いですが、サービスによっては法人登記が可能なところも用意されています。既に仕事場を確保している方で、初めての起業なら断然バーチャルがおすすめです。

オプションが豊富で使いやすくなる

バーチャルなのでちょっと使いにくいと感じるかもしれませんが、独自のオプションを付帯させると使い勝手が良くなるのです。例えば外出をしているときに電話がかかってきた場合、電話応対を代行してくれるサービスが良いとされています。こちらは自社の名前を使って対応してくれるため、あたかも自分の会社のように振る舞えるのです。かかってきた電話は携帯や自宅の電話へ転送してくれるだけでなく、メールアドレスに連絡も行ってくれます。ビジネスの運営をサポートしてくれる法人登記手続きや営業支援のツール提供を行ってくれるのです。また会議室が必要になった時は予約で利用できる会議室レンタルサービスもあります。 会社規模が小さいなら使い勝手も良く、特に適したサービスなので検討してみましょう。

郵便物の受け取りに関しては引き取りと転送からの選択が可能となっております。 当社のHPにて各店舗・スタッフが様々な視点からバーチャルオフィスについてのブログ更新をしております。 ナンバーポータビリティーのサービスも開始致しましたので是非HPをご覧ください。 お問合せ・ご相談はこちら:03-3546-8801(10:00~17:00 土・日・祝日を除く)となっております。 バーチャルオフィスで地方拠点やSOHOを実現