疑問解決!よくわかるRPA

RPA導入のための比較サイト

RPAを導入することで、企業を大きく成長させる可能性が広がります。RPAは、業務活動の自動化を進める取り組みのことです。業務活動の自動化を進めることができれば、コストを抑えることができるため、利益を増やすことができます。

当サイトでは、RPAの導入や取り組みをサポートしてくれる会社を数多く紹介しています。また、どの会社がどういったサービスを提供し、どれくらい自動化を進めることができるのかを事例を挙げて紹介し、比較しているため、導入の参考にできます。

RPAに関する取り組みを知らない人も少なくないと考えられます。当サイトでは、初心者にも分かりやすいようRPAの基礎知識も紹介しています。また、各会社のサービスの人気ランキングを紹介していたり、利用者の口コミも掲載しているため、参考にすることができます。

SmartStage

企業のIT部門をビジネスクリエイティブ集団に育てる情報を提供
システムの安定稼働、コスト削減、コンプライアンス強化など、IT部門に必要な知恵を伝授
システム運用改善セミナーなども随時開催

SmartStageでは、企業のIT部門をビジネスクリエイティブ集団に育てるための情報を提供しています。政府の働き方改革方針により急務となっているRPAの運用などにおいて、ソリューションのヒントやトレンドを届けます。

システムの安定稼働、コスト削減、コンプライアンス強化など企業のIT部門の作業は年々増加しています。SmartStageは、新規事業や新技術の立ち上げなど、企業力強化のうえで不可欠なIT部門の知恵を伝授します。

ITサービスマネジメントツールの導入や評価を考えている企業を対象にセミナーを開催し、ITILに準拠した運用管理システムを体感しながら業務効率改善を学ぶ機会を提供しています。

UiPath株式会社

日本の将来をよくするものと期待される革新的システム
セキュリティの堅牢さと柔軟さが魅力
大手企業もこぞって採用する信頼性

今や日本においての働き方改革を進めていくために、RPAの活用は必要不可欠なものとなりました。このUiPath株式会社の提供するRPAシステムは、多くの日本企業の悩みどころを解消出来るようにカスタムされており、導入により働き方改革を推進させ、日本の将来を明るくする可能性があるシステムであるとして注目を集めています。

その他の魅力も多くあり、その一つに大規模な範囲をカバーしながら堅牢なセキュリティーを誇るという点があります。それでいて導入する企業ごとにここを変更して欲しいという要望があれば対応してくれる柔軟性も持ち合わせています。

その様な性能の高さに加え、日本語サポートも充実している事から日本で誰もが知る大企業の導入事例も豊富で、それだけの信頼感を勝ち得ているといえます。業種や業態を問わないので、様々なノウハウを蓄積しているという事も頼れる点です。

CELF

誰でも気軽にRPAを導入できる
30日間の無料トライアルを受けられる
お手頃価格でサービスを利用できる

便利で高品質なRPAを導入できるCELFでは、プログラミング知識を持つITの専門家で無くてもドラッグ&ドロップ操作だけで簡単にRPAの設定が可能です。導入が簡単でありながら業務効率化の効果も絶大でとても頼りになります。

高品質なRPAを試す事が可能な30日間の無料トライアルのサービスがあるので、使いやすいRPAを実際に利用して、使い心地を確かめる事ができます。RPA以外にもオンデマンドセミナーや各種アプリのサンプルを利用可能なのも魅力的です。

クラウド版の月額利用料金は1ユーザーあたり1,500円と非常に低価格ですし、RPAオプションの年間利用料金も1端末あたり35,000円から導入する事ができるので、誰でも気軽に利用できます。

RPA テクノロジーズ株式会社

AI分析機能も付いた最新型のRPAを提供してくれる
働き方改革の救世主として期待が高まる
多くの有名企業の導入実績もある

今や世界中のビジネスシーンに必要不可欠なものとなりつつある、RPAサービスを導入して業務の効率化を図りたいという企業も多いです。そんな多くの企業のニーズに応えるのがこのRPA テクノロジーズ株式会社です。オーソドックスなRPAサービスからクラウドタイプ、さらにはAI機能搭載の最新型まで幅広いニーズに応えています。

近年叫ばれ続けている働き方改革も、ここのRPAサービスを利用すればホワイトカラー等の日常業務を大幅に削減でき、停滞していた働き方対策を一気に進められる可能性があります。システムが出来る事はそちらに任せ、人間にしか出来ない業務にマンパワーを費やすという近未来型の働き方を実現しようとしています。

そのような革新的なシステムは、今や多くの有名企業に認められ、業種・業態を問わず幅広く導入されています。いち早く良いものを取り入れ、業界の最先端を走る企業等の信頼も厚いです。

RPA BANK

RPAに関わる様々な課題や悩みを共有することができる
RPAの実践に必要な情報の収集やロボット開発と運用に必要なスキルの習得に役立つ
RPAに関わる人々同士がインターネットを通してコミュニケーションを取れる

RPAはロボット・プロセス・オートメーションを省略したもので、認知技術を活用してホワイトカラー業務などの効率化・自動化を図ります。様々な業務を自動化できるだけでなく、セキュリティ対策にも有効です。RPA BANKではこの技術に関わる全ての人々にコミュニケーションの場を提供しています。

RPAに関する基本情報を効率的に取得することができます。導入や運用に関わる国内外の事例や最新のマーケット情報、イベント情報などが分かります。先進的なサービスや製品、ソリューションに関する情報も紹介してくれます。

RPAを活用したロボットの開発と運用を目的とする実践的なeラーニングやワークショップを開催しています。この技術に関するスキルを効率的に習得することができます。またRPAの発展を目的として、この技術と関わる人々同士を実際に繋げるイベントや勉強会も開催されています。

リコー

すでに別のシステムを入れていても大丈夫
スモールスタート・低コストでの導入を実現
様々な効果が見込める優秀なシステム

ビジネスシーンでトレンドの兆しを見せている業務自動化システム・RPAを導入したい、今までのシステムよりも良いものを導入したいなどという人にはリコーのRPAがおすすめです。リコーのRPAシステムの特長は他のシステムからの連携能力が非常に高く、不具合が起こりにくいという点があります。

はじめは特定の業務に限定的に導入し、その効果を確認してから本格的な導入をするというスモールスタートにも対応しています。さらにその事により、低コストでの導入も可能という点も多くの企業から選ばれている魅力の一つです。

導入効果には業務スピード向上などによる働き方改革の実現や、業務の効率化による人材不足の解消など、様々な効果が期待出来ます。近代ビジネスが抱える問題を、リコーのRPAシステムが解消してくれるかもしれません。

生産年齢人口の減少を補って余りあるRPA技術の広範な業務への普及拡大

人口減少の続いていく社会で高齢者が増加していくことと生産年齢人口の減少する社会をそのまま続けていけば国力が衰退してしまうことが容易に想像できます。こうした社会では生産性を上げてGDPを増やしていかなければ国力の維持がおぼつかなくなり、安心して日常生活を送ることが難しくなることも想像できます。そこで、AIやロボットの導入により業務の省力化や自動化が急速に進められているわけです。こうしたAIやロボットの導入による業務の省力化、自動化はRPAと称して金融、物流、小売りサービス等、ホワイトカラー的な業務を主体として急速に普及が進んでいます。AIやロボットは人間の労働力と違って24時間連続で繰り返し作業を得意とするくらいだし、人間と違って同じようなミスを繰り返さない強みを持っています。現状でも既にロボット導入の進んだ自動車生産や機械加工等、製造部門の工場内では作業員がまばらな状態になっており、省力化が進んでいます。

今後、バックオフィス型業務の省力化にRPAの導入が広がれば産業界全体で業務量の削減に威力を発揮しそうだと分かります。ここで不要になった労働力を新たな創造的業務に回せれば昨今、人材不足が続き、心配される労働力不足を埋めるパワーになることは間違いないと言われています。むしろ近い将来、余剰となった労働力を新たな創造的業務に回すことが順調に進まない面が心配されているくらいです。しかしながら、昨今の経済のグローバル化で分かる通り、好むと好まざるとに関係なくこのRPAは広範な業務分野へ広がっていくはずだといわれています。今日まで経験と勘を頼りに人間が営々と培ってきた膨大な業務の作業手順や判断内容等についてAIを利用してロボットに覚えこませればあっという間に処理してくれるわけです。

このため、今後、最も複雑で周囲の異分野の人には手の付けられなかった弁護士、公認会計士、或いは税理士等、高度な専門職の業務でも相当部分がRPA化可能だと言われています。既に、産業分野の中でも部分的に人間の判断に代わって業務を処理し、効果を上げている分野も現れています。例えば、医療分野でも医師の難しい手術判断や手術自体にもRPAが取り入れられてきそうな状態になってきました。今後更に、RPAが業務全体を串刺し的に把握して的確な判断を下すことも可能になってくれば人間とRPAとの業務分担を行い、更なる省力化とコスト削減に大きく貢献できるはずです。そこで、人間は既往の業務から成長性の見込める業務へ職種の転換が必要になります。これは感情を持つ人間には痛みを伴うことであり、時代の変化についていける人と脱落する人に分かれることが予想されています。

カテゴリー

▲ ページトップへ