バーチャルオフィスに掛かる費用

賃貸の事務所を借りるか事務所を購入すると多額の費用が必要になりますが、費用を格安で納めるためにバーチャルオフィスを利用します。しかし、バーチャルオフィスを利用する目的は利用者によって異なるため、必ずしも法人とは限りません。個人でも特に女性は第三者に住所を知られたくないと言う理由から利用する人も増えています。つまり、現住所とは別に住所をもう一つ作ることが可能になっています。そのため、バーチャルオフィスを利用すると配達物も仮の住所へと届きます。住民票も移動させることができるため、訳ありの人も多く使用しています。しかし、どんな理由で契約しても費用が必ず必要になります。利用する前には必ず最低限必要となる費用を把握することで毎月の支払いが楽になります。

入会金と月額費用が必ず必要です

賃貸事務所は毎月家賃が必要になりますが、賃貸事務所と同様に毎月お金を支払う必要があります。毎月費用を払って住所を借りますが、入会金も必要となります。しかし、入会金は最初だけなので毎月必要となる費用は月額が基本です。月額は10000円以上と高額な場合もあれば500円程度と格安の場合もあります。しかし、月額費用によって様々なメリットがあるために求めている条件に合うプランを探すと良いでしょう。契約をする場合には必ず契約書を交わすために契約書が不要な企業とは契約をすることは避けるべきです。まともな業者なら必ず契約書があるため契約書に記載されている内容は必ず目を通しましょう。月額の費用は都道府県によっても違いがあるために、住所にこだわらない場合には地方を選択すると良いでしょう。

バーチャルオフィスJPには様々なプランがあります

月額480円の低価格のプランから14800円のプレミアムプランが用意されていることが特徴です。プレミアムプランの場合には住所をレンタルするだけではなく、法人登録もすることができます。通常はレンタルした住所へ郵便物が届くのですが、プレミアムプランを利用するとレンタルした住所へ届いた郵便物が自動的に現住所へと届くシステムになっています。契約するには初期費用が必要ですが、プレミアムプランの初期費用はわずか、5250円程度ですむために初期費用を安くすることができます。しかし、郵便物の転送には費用が必要になるために安くするためにはレンタルした住所へ届いた郵便物を自分で取りに行くことをおすすめします。法人事務所には必要不可欠な電話番号はオプションで作ることができると言うメリットがあります。